あなたの備忘録のブログ

個人的な日記を自分宛に書いています

10000円の損失

自戒を込めて端的に記録を残す。今回得た教訓は、1か月無料の月額サービスは絶対に契約解除したことを確認することと、そういうサービスで複数のアカウントを作成しないこと。

 

U-NEXTからの請求が来ていた。覚えのない月額2800円くらいの請求。しかも請求月は2月分ときたもんだ。この請求が3か月遅れで検知するのが死ぬほどムカつく、というのはあるがね。

1月頭に1か月無料のサービスがあって、それに契約していたのだ。当時はどうしてもU-NEXTでないと見れないコンテンツを見て、それを見終わったらさっさと契約解除したと思っていた。それが勘違いだった。この無料サービスはクレカの情報に紐づいているので普通は一回恩恵を受けたら終わりなのだけど、当時持っていなかった2枚目のクレカ(普段まったく使っていない)を使って別アカウントで契約した。実はこれより前に一度同じように契約して1か月無料の恩恵を受けたことがあって、それは普通に契約解除していた。

問題は、俺が契約解除したと思っていたアカウントは一回目のアカウントで、そちらで退会手続きをして終わったつもりになっていたのだ。無料期間を超え、2~4月分の請求がこれから差っ引かれる。一度も見ていないサービスに。トータルでほぼ10000円の損失。本当にがっくしきた。PCのデータを吹き飛ばしたときもそうだけど、こういうミスを俺は時々するな、なんて思った。日々食事を安く済ませようとか、外出するのはお金がかかるとか、無料サービスを利用して楽しもうとか、そういった行為をすべて吹き飛ばすポカをしたわけである。ただただ悲しい。しんどい。

 

今日はこのへんで。無料トライアルは、自分でちゃんと管理できる人だけが使うもんだ。

立ち振る舞いに困る日々

今日は休肝日にしよう、なんて思った矢先にチューハイを開けている。これはゲームで負けたことに起因して飲んでいるのでかなりまずい。なんか、飲み方がアル中のルートなんだよな……。

 

昨日は仕事、その夜に後輩の友人と飲みに行きいろいろと話したりした。なんというか、自分が途中で退職して今は新人気分で働いてる横でトップコースを走りぬいている姿を見て「がんばれ」と「おいてかないでくれ」の両立した気持ち。毎度毎度、自分が本来積むべき経験だったり苦労だったりを避けてしまったツケを今払っていると思ってしまう。そんなの今だって変わらないというのにね。まあ俺が出会った人すべてに対して幸福であってほしいと思うよ、本心で。

 

アニメの感想。今回もまとめて書こうかな、なんて思ったけどその気力はなかった。というか今回は最後まで見切ったアニメが少ない。スナックバス江とか、最初は「これはまあこれで面白いか」と自分を納得させていたけど。なんか嫌な雰囲気になってさっさと切ってしまった。力の入ったタイトルは基本的に面白かったね、フリーレンとダンジョン飯のことだけど。ブレイバーンは完全に俺には合わなかった。今期は……見れたらなんか見るよ。

 

定期的に思うけど、自分の今後についてどうしたらいいのか不安になる。立ち振る舞いというか、精神的な構えというか。さっさと世捨て人になりたい気持ちと死にたくない気持ちと、現状維持を一生続けていたい気持ちと。全体的に向上心には乏しいのだけどね。

あー、ダメだね。明日からの仕事でナイーブになっている。さっさと寝よう。睡眠不足も良くないのだから、ちゃんとしないと。

 

今日はこのへんで。書くことがストレスになったらかなりまずいな。

早く帰ってやることは家事

昨日の帰り道、レジ袋にルートビアを入れた買い物帰りの人がいた。いいな、どこで売ってるか教えてくれ、なんて思いながら見てしまった。やっぱカルディかな。

 

今日は久しぶりの本社出勤。健康診断を兼ねたもので、いつもより早く帰れるのでそこはうれしい話。シフトで明日が出勤じゃなかったら浮かれてどっかで飲んだところだ。まあそうはならなかったんだけどね。この話は終わりだ。

 

いわゆる掃いて捨てるほどいる派遣社員の一形態である。「正社員ですよ」とどこの会社も言うのだけど、そりゃあんたの会社の正社員ではあるけど、実際に出向している場所が仕事場なんだからそれは派遣でしょ、なんて突っ込みを思ったりする。とはいえそうでもなければ今の現場で働けてはいないので、甘んじて人売り商売の商品として邁進する。まあ基本はいいところなんだよね、俺がついていけるかどうかって話はあれど。

 

上司だったり人事からは俺はよくやっている「いい社員」として評価されている、らしい。まあ彼らは現場での死んだ顔の俺を知らないので何とも言えないが、褒められるのはありがたい話なので甘んじて受け入れる。ここで全否定するのも変だしね。まあ評価と給料に反映さえされてくれればうれしい。あー、なんかつまらない社員をしているかもしれない。それともこういう現場に適応するのが大人になるということなのか。

 

明日に備えて寝よう。米津玄師の新曲も出たし。俺は好きなんだよ、米津。

今日はこのへんで。

献血記念、惰性が続く日々

久しぶりにカモミールティーを飲んでリラックスしている。昼飯の食べ過ぎによる血糖値スパイクの可能性もあるけど、まあ気のせいだろ。

 

平日休み。むしろ平日休みのときしかブログ更新できなくなってきた。どんどん時間が足りなくなっている、ように思うけどむしろ時間を持て余していることのほうが多いのは何なのだろうか。転職を調べたりとか、机周りを片づけたりとか、やらないといけないと思うことはたくさんあるのになぁ。

 

今日は久々に献血に行った。ここのところ行けていなかったので外出がてら。受付で言われてなんとびっくり30回目の献血だった。一時は成分献血に高頻度で行ってた時期もあったから、そんなもんかね。成分献血はスパンが短いから回数を稼ぐ結果になったね。ここ最近は休日がまばらでかつ休日に行ける余裕があるタイミングになるから、頻度は減るね。まあ行けるときに行くくらいでいいのさ、義務ではないのだし。

ちなみにタオルと謎の洗剤をもらいました。洗剤……一人暮らしだったら活用するけど、まあ要らないかな。

 

無気力とは違うのだけど、慢性的な疲れというか活力不足というか。これが年齢に伴うものならきついし、年齢関係なしに精神的劣化だとしたらなおのこと恐ろしい。読書も新しいコンテンツも摂取が難しい。惰性が続いている。かといってまた仕事を辞めて遊び倒すのもまた違うしなぁ。んー、よくないね。

 

今日はこのへんで。明日から5連勤1休み5連勤なのでしんどくなるぞー。

どうにもならない日に呑む酒

新入社員っぽいスーツの若い男女だったり、春休みラストで浮足立っている学生だったりを無理矢理満員電車に押し込める仕事で飯を食ってます。嘘です。

 

今日は朝から憂鬱が加速して「なんで今の仕事をしているのだろう」「年もいってるし業務もまともにこなせないし、迷惑ばかりかけてしまうな」「新しい知識を仕入れるのがきついけど、覚えないと余計に差がついてしんどくなるな」とか考えだしたらキリがなくなった。着いた時点で自己嫌悪のループが加速した状態。そんで出社早々にトラブル発生でバタバタした業務で分からないことだらけの状態で精神をすり減らして、もうどうにもなくなってしまった。今日は本当に使い物にならない状態だった。

負のループというのは、よくないことを考え続けてやるべき仕事に手がつかなくなって、気軽に聞けることも聞けなくなって余計に仕事ができなくなって、を繰り返してどうにもならない。こうなると強制的に改善しようという気持ちすら出なくなるし、改善しそうな傾向(強制上司と会話イベントとか)があっても、逆に自分からふさいでしまうようなことになっていよいよ末期である。そんなだから前職でも終わったんだよ、と言われたら何も言えない。実際適応障害の時期は常にそんなかんじだったからね。

 

仕事を大半残して定時ダッシュをする。なんかしんどさが積もってしまって、帰りに100円ローソンで安酒とお菓子を買って、帰宅中に開けて飲みながら帰った。空腹に酒が流れて酔いが一気に回る感覚でとろけそうになりながら、開けちゃいけない扉開いたな、なんて思いながら帰った。缶は途中のごみ箱で捨てた。酔いが軽く回っている状態だったので、自宅で自分の作った総菜のタッパーを盛大に床にぶちまけた。やっぱり辞めたほうがいいことってあるんだな、なんて思いながら酔ってちょっと楽しくなった気持ちが冷めた。

 

今日はどうにもならない。今の落ち着いた状態なら倒す総菜もガラスもない。酒飲んでさっさと寝よう。

今日はこのへんで。酒に逃げないと持たない、気がする。

桜が咲きそうな昼下がり

とうとう地元の桜もちらほらと咲き始めた。この調子だと、入学式にはちょうど綺麗に咲くのかな、なんて思ったり。雨じゃないといいね。

 

今日は平日シフト休。2日働いての休みなので、体力的に余裕がある。逆に普段の連勤からの休みでは体力を消耗した状態で休みに突入していたのだな、と思い至る。不安定なシフトのおかげでこの事実に気が付くのも皮肉めいているが、ね。もちろん余裕のあるシフトの代償で後半はきついシフト(5連勤1休み5連勤1休み)が待っている。調整下手か?上司さん。

 

平日の余裕でゆっくりと家事を行い、食事の支度やらも適当に済ませる。無職時代はこの動きが基本だったのだと思うと戻りたくなる。……よく考えたら前職のテレワーク時代もけっこう余裕で食器洗ったり食事の準備したりしてたな。こっちが本来の習慣だったわけだね。本当に戻りたくなってきた。

 

なんだかTwitterで見たポストで「社会的責任が重ければ重いほど労働環境は厳しくなる」と言っていた。医者やインフラ、第一次産業従事者などは厳しいイメージがある。一概にそうと言えるかはともかく、責任と仕事のしんどさはある程度比例する、というのには納得する。それだからこそお金も多く貰えるってものなのだろうけど。そんなこともない?だとしたら世の中が間違っている。

 

今の仕事のしんどさは、とにかく通勤時間に起因している。これが半分になるだけで負荷はだいぶ変わるだろう。もっともそれはできない前提で考えないといけないのだが。家から離れられない……。そして実家に留まる覚悟を決めるなら、それこそ近所で通える場所を探したほうがいいだろう。同じ拘束時間でも、2時間通勤と「1時間通勤+残業1時間」のほうが圧倒的に良いのだから、ね。あー、なんで今の職場なんだろうね。

 

思うところがあって、それを考えられるのも体力に余裕があるから。労働は心を殺すね、マジで。まあ無職時代も死んでたから俺の本質要素が問題なんだろうけどさ。

 

今日はこのへんで。昼に食ったスナック菓子で苦しい。これはよくないね。

痛がりで大げさ

耳鼻科でもらった薬を飲みながら日々を過ごすも、あまり治った気がしない。そんな春。

 

先週の月曜日に微熱と喉の痛みでダウンし、そこから出勤が重なって中途半端に悪い状態(休めない程度だけどしんどい)で日々を過ごす。それでいて昨日病院にかかったもののさほど風邪症状はなく、「どうして来たの?」くらいの状態だと判明。俺が感じているこのしんどさは大したことのない症状だと分かり、余計に落ち込む。大したことないことで大げさに騒いでたのか俺は……となってしまった。

 

昔からそうなのだけど、人よりも痛みに弱くて痛みに対して大げさに騒いでしまう。些細なのどの痛みで薬を飲んでしまうし、多少の落ち込みでも苦しんでしまう。正直俺よりも厳しい状況の人はごまんといるわけで、そんな人が見たら「なんだこいつ大げさな」となるだろう、という話。よくないのは顔に出てしまうので、嫌そうな顔で過ごしてしまって周囲を不快にしてしまう。自分のご機嫌を自分で管理できていない。これがよくない。まあ、休みでも休んだ気にならず、結局仕事のストレスでいらだってしまう。

 

今の会社、通勤するだけで相当体力が持っていかれる。治る風邪も治らない。それでいて普通に仕事もあるから、仕事で基本ダメージを食らうことになる。それを何とか土日でもとに戻していたわけだけど、最近のシフト勤務で休みがばらついてリズムが崩れた。しかもこの風邪で体力は最悪。メンタルも引きずられるように悪化するし、どうしようか。メンタルが先に悪くなった、といえばそうなのかもしれないが。

 

こんな調子で会社員をやっていけるのだろうか。最近は特にほかの同年代ないし年下との差を感じてしんどい。積み重ねた人とそうでない人との差が如実に出ている。もちろん積み重ねていない側の俺は劣等感で苦しくなる。そんで余計に気落ちして萎縮して逃げてしまって、の繰り返し。どうするかね、この状態。

 

なんか書いてて疲れた。明日も仕事があると思うだけできつい。今日は比較的穏やかだったはずなのに、余計なことを考えて苦しんでるのは愚かだ。

きょうはこのへんで。